しょげぶろ

とある理系大学に通う男子大学生の日常

実力至上主義

こんにちは。

しょげまるです。

 

f:id:f-w-shogemaru:20180803120907j:plain

MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』公式サイト より

 

最近Netflixで「ようこそ実力至上主義の教室へ(以後 実力至上主義の教室と略。)」を観ました。

面白かったので今ラノベも読んでいます。

iPhone XKindleアプリを入れてスマホで読んでいますが、Kindleって便利ですね。辞書機能もありますし、何しろ手軽。

歯磨きしながらでも読めますし、電車を待ってる時もポケットからスマホだせば本が読めてしまう...。今まで少しアンチでしたが、便利だなと思いました。

本が欲しいのではなく、内容を吸収したいなんて人に良いかもしれませんね。紙のものより安いものが多いですし。

 

前置きが長くなりましたが、実力至上主義の教室、とても面白かったです。ラノベもとても面白い。アニメより詳細に書いてあるのでのめり込めます。

何が良かったのか、というと今の日本社会、と言うよりは世界社会を表しているのでは?と感じたからです。

小説の最初に、人は平等ではない、だが、生まれた瞬間に差は無い。と書いてあります。

何で差がつくのかと言うと、学問に励んだか否か、であると。

これは福沢諭吉の「学問のすゝめ」に書いてある言葉になります。(余談ですが、以前私も読みましたが、本当に書いてあります。)

上に立つ人たちだったり、裕福な人というのは、勉学に励んでいて、そうで無い人達は勉学に励んでいない、と。

私は一概にこの言葉が言えるとは思いませんけど、概ねそうだと思います。

大手企業のCEOが何もして来なかったとは思えません。

 

実力至上主義の教室はまさにそんな世界をフィクションで描いたものになります。(私の見解だと)

この本に登場する高校に通う生徒には毎月最大10万円相当のポイントが支給されます。

注意が必要なのは「最大」であるということ。

毎月10万ポイントが支給される保証は無い、という事。

このポイントは生徒の成績(生活態度含む)に全て左右されます。

つまり真面目な人間には高額ポイントが支払われ、

不真面目な人間には低いポイントしか与えられない、ということ。

さらにこれはクラス単位で評価されるという事。

つまり1人が人一倍頑張っても、他の人が手を抜けばクラスとしての評価が下がり

頑張っている人にも低いポイントしか与えられないという事。

ここで作者さんが言いたいことは、おそらく

 

勉強しか出来ない馬鹿は無能

 

という事かな、と私は思いました。

これは何も小説だけの話ではありませんね。

少し前までは日本は学歴社会でした。

東京大学等の偏差値の非常に高い大学に通う人は、有名な企業に就職。

そうでない大学の人は、行きたくもない企業に就職。

ですが、最近はこの考え方が少しずつ変わってきているみたいです。

高校の先生だったか、大学の先生だったかは覚えていませんが、

「勉強が出来るやつは他に沢山いるから、別に学力が特別高い人は欲していない。あった事に越したことは無いが、他のスキルを磨くべきた」

と言っていました。

他のスキルとは、つまり偏差値では計ることが出来ない部分、ということ。

 

人間を評価する上で、個人の評価を最も簡単にあげる要素は勉強だと思います。

それは、それなりに苦労してやれば誰でも身につける事が出来るからですね。

スポーツも確かに苦労してやればそれなりに力になることは間違いないですが、

生まれつきの体つきなども反映されるので、限界はあると思います。

(ただ、才能が全てだとは思いません。才能があると言われている人が努力をしていないはずがないから。才能という言葉1つで片付けるのはあまりにも失礼。)

 勉強はするか否かの問題。(勿論脳に問題がある場合は例外。)

勉強しないやつは勿論勉強が出来る様になるはずがない。

「あいつは頭がいいから」

という言葉も上記同様失礼。

その人と同等の勉強量をしてからいうべき台詞だと私は思います。

勉強せず知識が蓄積しているはずがないから。

少し長くなりましたが、勉強はやってしまえば誰でも出来る様になるのです。

なので、上記で言った通り人間を計る上で最も簡単な評価材料です。

だから大学受験なんかに使われているのですかね。

(もしも、この世に勉強という概念が無く、スポーツが全てだ、という社会だったら大学受験は運動能力で計っていたのでしょうか...?)

 

話を戻しますが、実力至上主義の教室を観て、そして読んでこんな感じの事を感じました。

 

 

私は今2巻を読んでいるところですね。

本当に面白いです。

上のリンクは文庫版ですが、個人的にkindle版をおすすめします。

kindleだと辞書機能もついていますし、マーカーも引けます。

分からない言葉や気になった部分、気に入った部分にマーカーを引いておくといいですよ。

それに文庫版よりも安いですしね。

よければどうぞ。

 

最後まで有難うございました!